開封の手順

親族が亡くなったとき、なくなった親族がそれなりの遺産を有していた場合には、その遺産の配当を巡って、遺言が書かれていることがあります。その遺言は、たとえ親族であったとしての勝手に開封する事はできません。もし、万が一開封してしまった場合には、5万円以下の加療の対象となりますので、注意が必要です。では、どのような手順で開封したらよいのでしょうか。まずは、その遺言を、家庭裁判所に持参して検認してもらう必要があります。これは、その遺言の効力を家庭裁判所の方に証明してもらうために絶対に必要になる手順です。そして、家庭裁判所で検認をしてもらい終えたら、いよいよ開封という事になりますが、その際には、相続人や代理人が立ち会う必要があります。ですから、遺言の内容にかかわりのある人間は、必ず出席する必要があります。また、遺言が遺産分割後に発見された場合には、原則として、遺言書のほうが優先される事になりますから、それまでの遺産分割はいったん取り消しとなります。しかし、遺言と遺産分割の状況に相違があった場合でも、相続人全員がその内容に合意している場合には、遺産分割が有効となり、遺言どおりの分割をしなくてもよい事になっています。しかし、遺言によって新たな相続人が発生した場合には、相続人全員の合意を理論上得る事ができないので、遺産分割はやり直しとなります。

コメントは受け付けていません。