保管方法について

秘密文書の一つとして遺言書があります。
遺言によって自分の意思を実現するには、遺言書を相続人に見てもらう必要がありますが、亡くなった後でも相続人がすぐに分かる場所で、更に内容を改ざんされたりする心配のない場所に保管しなければなりません。

一般的に、遺言書の保管方法は次のようなものがあります。
公正証書遺言の場合は、遺言書の原本が公証役場に保管されているので、その場所を伝えておきます。
遺言書の保管場所がわかっても、遺言者が生きている間は相続人たちが公証役場を訪問して、遺言書の内容を教えてほしいと要求したり、閲覧の請求をしても応じることはありません。

また、保管方法として士業などの国家資格者に依頼する方法もあります。
遺言書を作成したときにサポートをしてくれた税理士や行政書士など、専門家に依頼することも出来ます。
税理士や行政書士、 弁護士などは守秘義務を負っているので、職務上知った事実を第三者に漏らすことは禁じられています。
遺言書の存在そのものも、秘密にしておくことも出来ます。

もう一つは、自筆証書遺言は親族などに預けることも出来ます。
ただ、法定相続人など遺産に利害関係がある方に預けてしまうと、隠ぺいや改ざんなどの危険があり、被相続人が亡くなったあとに、トラブルのものとなりますので、出来る限り遺産には関係のない公正な第三者に保管を依頼した方がよいでしょう。

 

コメントは受け付けていません。