保管方法について

生前に遺言書を作ったときには、保管場所も大切です。
人の目につく場所に置いておくと、自分の知らない間に誰かに内容を変更されてしまう危険もあります。
また、逆にわかりにくい場所に置いても、死んだあとに見つけるのが難しくなります。

保管する方法として、「公正証書遺言」を作ることがあります。
これは、公証役場に保管されるので、誰の目にも見られることなく自分が死んだあとまで安心して保管が可能です。
遺言書を引き出せるのは本人、または正当な代理人だけなので内容を変えられる心配もありません。
また、もう一つ遺言書を作ってから弁護士や司法書士などの代理人に預かってもらう方法もあります。
士業を代理人(遺言執行人)として選定しておくことで、自分が死んだ後もその意思を反映して相続を仕切ってくれます。

どちらの場合でも、遺言書がある場所を信頼できる人に伝えておくことが大切です。
法定相続人も遺言書が安全な場所にあれば安心です。
遺言書を安全に保管するなら弁護士や司法書士などの士業に依頼することで、自分の亡くなった後でも意に沿った遺産相続を行ってくれます。
遺産相続は何かとトラブルになりがちですから、それを防止するためにも置いておく場所も考えておくことが大切です。

 

コメントは受け付けていません。