発見した場合の対処

故人が亡くなってから、葬儀や法要などの一連の儀式がひととおり終わると、相続人全員が集まって遺産分割協議に入る必要が出てきます。その際に確認しておきたいのが、故人が遺言書を遺していたかどうかであり、これが遺産分割協議後になって発見されると、後からやりなおしとなってしまいますので、気を付ける必要があります。
もし、故人の遺品などを確認している最中に遺言書が発見された場合の対処方法ですが、発見した人が家庭裁判所に申立てをして、検認を受ける必要があります。その際、封がされていれば勝手に開かずに、そのままの状態で家庭裁判所に持ち込むことになります。
検認というのは、遺言書の内容などを相続人に対して知らせるとともに、遺言書の発見以降の偽造・変造などを防ぐために行われるものです。遺言書を勝手に開封したとしても遺言書の効力がただちになくなるわけではありませんが、法律上は50,000円以下の過料という罰則が設けられていますし、また遺言書があるのを知っていながらことさらに隠匿したり破棄したりするような悪質なケースでは、相続人としての地位を失うことになってしまいますので要注意です。
なお、封がされた遺言書は、家庭裁判所で相続人などの面前で開封するという手続きがありますので、そこで遺言書の内容が明らかになります。

コメントは受け付けていません。