最低限知っておきたい自筆証書遺言について

遺言書の中身は何を書いても自由ですが、遺贈や寄付などの遺言者の財産の処分や遺産の分割方法の指定、遺言執行者の指定や認知に関するものなど、法的に効力にあるものが決められています。
遺言書の形態としては自筆証書遺言の他に、公正証書遺言、秘密証書遺言、特別方式による遺言があります。
このうち自筆証書遺言はいつでも作成でき、簡単につくれる遺言書です。
ただし、自筆証書遺言の書式にはルールがあり、書き方によっては無効となる場合があります。
先ず、大事なのは日付です。
日付は西暦や年号表記、どちらでも有効です。
漢数字でも有効で、日付を数字できちんと記入します。
また、押印と署名も忘れてはいけません。
押印は認印でもよく、自筆の署名とセットで必ず印を押します。
自筆証書遺言はその名の通り、自筆が基本です。
例えば、パソコンを使って本人が入力した場合は無効です。
パソコンはパスワードで本人のみが使える状態であっても、偽造の恐れがあるためです。
本文をパソコンで、署名を自筆でという書き方も遺言書としては無効となります。
全文すべて自分で書くことが自筆証書遺言の決まりです。
書き終えたら、開封されないようにするために表書きに遺言書を記して、再度、印鑑で押印して封印しておきます。